札幌で注文住宅を建てるマイホームBLOG

札幌注文住宅HOME > -21- 細かなこだわり

-21- 細かなこだわり

2016/08/22 | プラン(間取り) 住宅会社選び

ここ最近動きがないので、なかなか更新できないでいます。
いろんな方のブログを見ると、建て終わった後に思い出的な感じで
毎日のように更新している方も多いですが、我が家はリアルタイム?なので
残念ながら毎日のように更新できません。
うちも建て終わった後にブログやればよかったかな・・・。

書くことも特にないのですが、
うちが建てる建築会社(HS DESIGNさん)の
ちょっとしたこだわり?(僕が気づいた範囲で)を書いてみようかと思います。
我が家で採用するものもあれば、出来ないものもあるのですが、
ちょっとしたこだわりの積み重ねが重要なのです。
kodawari1_1
玄関ドア ドアと壁の木目が合っています。

kodawari1_2
巾木がありません。アルミアングルを入れています。
これがあるかないかで部屋のスッキリ感が変わってきます。
札幌の建築会社でこの巾木なしでやってるところはそれほど多くありません。
建築家さんだと結構ありますが、
建築会社だと北王さんとか、ミライエホームさんとか、リアスタイルさんとか、、ぐらいですかね。
他にもあるかもしれませんが。

kodawari1_3
フローリングと手摺の収め方。
普通は止めている金具部分はさらされているんですが、
これはフローリングに埋まっています。
言われなければ気づかない部分かもしれませんが、言われてみるとスッキリとしてます。
奥の黒っぽい壁には同色のコンセントカバー。
大手のハウスメーカーではこういう提案してくれない、というところも多いそうで。。。

kodawari1_4
床下暖房。これも木目が合って綺麗に収まってます。
既製品や別の材料で収めてるところは結構あるかと思いますが、
HS DESIGNさんの場合、この部分のフロアを接着しておいて
建具屋さんで加工して作ってもらうようです。
なので、このような綺麗な収まりになっています。

kodawari1_5
(まだ施工中の画像ですが。。)窓枠がない、、、だけではなく壁に少し角度がついていて広がりを感じさせます。

おそらくもっと細かなこだわりがいろいろな箇所にあるかと思いますが、
わかりやすいちょっとしたこだわりについて書いてみました。
これは見え方の部分ですが、ちゃんと内部もこだわっているようです(今のところ僕には知りえませんが)。
特に寒冷地では気密・断熱は重要ですよね。
こういった細かな作りの積み重ねが大事なんだそうです。