札幌で注文住宅を建てるマイホームBLOG

札幌注文住宅HOME > -35- 詳細打ち合わせ②

-35- 詳細打ち合わせ②

2016/12/02 | プラン(間取り)

詳細打ち合わせ行いました。
各場所の詳細図面を作っていただいて
寸法や収納の位置、ニッチの有無など決ていきました。
トイレのドアノブ、タオルレール、ペーパーホルダーなど
暫定でもいいので決めましょうと
KAWAJUNのカタログから選んだり
宿題にしていた照明器具やコンセントの位置などを決めたり
少しずついろいろな事決まっていきました。
まだまだ確定してない場所も多いですが。

そして、僕の書斎スペース。
小さくてもいいから個室の書斎が欲しい
っていう旦那さん多いらしいですが
僕の場合は個室にするとたぶん夕食後寝るまで
個室から出てこなくなってしまいます。
なので、最初の要望はこんな感じでした。

——-
夕食後もPCでずっと仕事?しているから
その仕事をしつつ家族とコミュニケーション取れるような空間。
テレビとか一緒に見れたりもするけど、仕事も出来る、みたいな。
でも、ダイニングテーブルの後ろとかにちょこんと
デスクを置いたような感じにはしたくない。
(大手ハウスメーカーはこういう提案だったり、、
そもそも要望反映されてない場合もあり。。)
——-

なんとなくのイメージを伝え、こういう形を提案してもらいました。
img20161202_1
中二階スペース。階段8段目だと結構高いので少し下がります。
まさか3帖も取れるとは思ってなかったですが
これなら仕事しつつも家族とコミュニケーション取れる空間になりそう。
この場所はこれから一番長くいる場所なので
心地よく過ごせるスペースにしなくてはいけません。
この場所の中でどうすれば心地よく過ごせるか、を考え
いろいろと要望を言いました。

コミュニケーションを取りたいけど、オープンすぎるのは嫌なので
半個室というか、プライバシーは守られるというか、
それでいてリビングからこの場所見た時に変にならないように、、
という事で、PCしながらテレビ見たりするなら正面じゃなくて
こっち向きはどうですか?とか、、ここ壁にできますか?など。

城下さんの反応は、う~~ん、、、という感じでなんか微妙そう?です。
自分もそれほど空間をイメージ出来ているわけでもないので
微妙だとすればそれを採用するわけにもいきません。

しばし考え、パソコンに向かう城下さん。
ちょっとして戻ってきて、携帯取り出し画像を見せ
こんな感じどうですか?と。
そこには良さげな書斎の画像がありました。
(イメージに近いものを探していたようです)

「こういう感じでこんな風にしたらいい感じになりそうです」と
良い提案をしてくれました。
城下さんも良くなりそうなイメージが出来たみたいで。
その「いい感じになりそう」という言葉待ってました!
変になりそうならちゃんとそう言ってくれるので、
いい感じになりそうと言うならきっと大丈夫です。

この空間は今後また。

そんな感じの打ち合わせをしていたら、
13時過ぎから始まった打合せも気づいたら18時過ぎに。
キリがないので取りあえずまた今度という事で。
徐々にいろいろな事が決まってよかったですが
何よりも書斎スペースがいい感じになりそうで良かったです。

img20161202_2
打ち合わせ中に出てきた針葉樹合板のサンプル。
本来ザラザラなんですが、
建具用に加工しているので肌触りが良いです。

それを使ったのがこんな感じ
img20161202_3
HS DESIGN サイト事例から。
カッコイイです。
好き嫌いありそうな素材(女性受けしなそう)ですが、
こういった素材も面白いかも。。