札幌で注文住宅を建てるマイホームBLOG

札幌注文住宅HOME > -37- 住宅性能について

-37- 住宅性能について

2016/12/07 | その他

img20161206_1

断熱性能に関しては、各々会社の考え方があると思うので
結局何が正解かは分からない。というのがいろんな会社を見たり
話を聞いたりして僕が思った事です。
ただ、ちゃんとしている会社はどこもそれなりの理由があって
こういう断熱方法ですって謳っているので
そこに納得できるかどうかではないかと。

建築会社を探し始め、Q値やC値なんて言葉を覚えたての頃は
見学会に行って
「C値どれくらいですか?」
なんて調子に乗って聞いたりしたこともありました。
ミサワさんに行った時なんかは
「C値とか測ったりしてくれるんですか?」
と聞いたら営業マンが
「C値なんてあてになりませんよ。それに10年もしたら劣化して数値落ちますから」
とちょい切れ気味に言われたりもしましたね。
妻は「劣化してもそれまでの10年快適に過ごせるならいいじゃん」
と言ってましたが。。まぁ確かに。。。

でも、途中からあまり深く考えるのはやめました。
うちの実家は10年以上前に
地元のハウスメーカーで建てましたが
寒いなんて感じた事なかったですし、
今はその時以上に性能も上がっていると思いますし。。
あまり考えてもきりがないので。。。

住宅性能重視であれば、
新住協に入っている会社なんかだと
比較的安心?なのですかね。

ちなみに我が家の断熱は、
壁:吹き込みBIB(105mm)+付加断熱50mm
屋根:天井300mm+20mm
基礎部分:土間部分一部基礎断熱(50mm)
床下断熱:50mm~100mm
というような感じです。

当初提案していただいた断熱性能のままで
要望は一切出していません。

何が正解かわからず、こうしたい!というのも
特になかったのでこの部分は完全にお任せです。

また、気密なんかは大工さんや各業者さんの腕が重要になってくるみたいで、
専属の大工さんは腕が良いようなので心配していません。

そして、今まで色々と話をしている中で
住宅性能部分をおろそかにしているとは
考えにくいので大丈夫かな、と。

暖かい寒いの感覚は人それぞれなので(僕は寒がりですが)
住んでみてまた感想書こうと思います。