ルフロ400は寒い?冬に設定を変更してみた

ルフロ400自体が寒いかどうかはあまり関係なく
自然給気を行う「第三種換気」の給気口がどこにあるか、が重要。

我が家は第3種換気なので排気は機械、給気は自然に行います。

排気には日本住環境の「ルフロ400」を付けていますが、ルフロのメモリは「3.5」位になっていました。

基本的に家の大きさによって最適なメモリがあり、実際に調査してくれているみたいなのですが、それによると3.5ぐらいが最適なようです。

冬になって暖房をつけるようになると、すぐに暖かくならないな~と感じるようになり、このルフロのメモリを「1.5」まで落としてみました。
というかすぐに暖かくならないのは当たり前で、高気密・高断熱、吹き抜けもあるような家だと家全体どこも同じような室温になるので、暖まるのにも時間がかかります。
逆に熱も逃げにくいので室温下がるのも緩やか、みたいな感じなのです。

とりあえず、ルフロは多少絞っても問題なさそうなので「1.5」にしてみます。

すると、

12月5日、外気温 -1℃ 室温 23.4℃ 湿度42%
エコジョーズ暖房レベル「2」

絞ったことがどれくらい影響与えているのかは不明ですが数値がとてもイイ感じになりました。

朝、今は和室で寝ていますがそこの窓下が少しだけ水滴付きましたが、その他は結露等は一切なかったのでルフロの設定はとりあえずこの設定で様子を見てみようと思います。

寒いと感じる室温は人それぞれ。
自分は比較的寒がりなのですが、自分の感覚だと

20℃-少し寒い。
21℃-寒く感じる時がある。
22℃-それなりに快適。
23℃-とても快適。

こんな感じです。
22℃~23℃ぐらいあったらとても快適に過せますので、その位の室温をキープしたいですね。

ちなみに、このルフロを切るのは家の空気が外に排出されなくなるのでNGみたいです。
少し気になったので電気代を調べてみましたが日本住環境サイトを見ると24時間回しっぱなしでも月々、107円程度らしいです。

まとめ

・ルフロ400が寒いという事ではなく給気口から入ってくる冷気が下に降りてくるので、ソファーやベッドの近くは避けるなど給気口の位置を考える。

・セントラルヒーティングの場合、一度部屋が冷めると暖かくなるのも時間がかかるので、それを考慮して暖房をつける。または一時的にエアコンなども活用する。

・そもそも第三種換気にしない。(第一種換気、第三種換気でメリット・デメリットはあります)

関連記事

  • わが家は角地ですが、意外なデメリットがありました。 それが敷地に入れる(ショートカットされる)という点です。 民地石の部分が我が家の土地なのです…
    2020.08.27日常のこと
  • また久々の投稿ですが、 家の裏の穴がひどいことになっていた。 以前は小さい穴だったんですが、 今回はすごい掘ったような、、 これはおそら…
    2020.06.24日常のこと
  • お風呂の鏡って意外と使わない人多いんじゃないでしょうか。 まぁ自分もあまり使う事ないんですよね。 だって、お風呂入ってる時は曇ってるし、 お風呂入っている…
    2020.02.15日常のこと
  • 無垢フローリングにするかどうかで悩んでいる人いるかと思いますが、2年住んでみての無垢フローリングのメリット・デメリットについて書きたいと思います。 メリット …
    2020.02.11日常のこと