【act.5】タイルデッキDIY タイル施工ー仕上げ

タイル施工の続きです。
バサモル作りですが、舟に入れて練るよりコンクリの上で作った方が早いんじゃね?

ってことで、コンクリートの上で作ることにしました。

効率アップ!

まず両サイドに敷いて高さを合わせ、
そのあとに木の棒をスライドさせながら
全体を均一にならしていきます。

こんな感じ。

そして、セメントを水でトロトロにしたものを接着剤として敷いて貼ります。

半分ぐらい貼ってやっとコツが掴めてきました。
最初に戻ってやり直したいと思いつつ、
それは不可能なので諦めます。。。

両サイド以外貼り終えました。
両サイドはタイルをカットする必要があるので、最後にまとめてやることにしました。

完成してみないと出来上がりのクオリティはわかりませんが、そんな変な感じにはならないのではないかと思います。

この後は、両サイドのタイルを貼って、細かな部分(側面など)を調整して、最後に目地詰めして完成となります。

いや~、こうしてみると枕木の部分はタイル施工後にやれば良かったですね。。。

施工中にこの枕木部分が汚れたりしてますし、あと、タイルエリアが少し高い位置になったので、この枕木アプローチ部分も高くすればよかったかもしれません。
ただ、木と土なので、いくらでも修正可能なので良いのですが、タイル施工後にやった方が楽だったな~と。

関連記事